リレンザの副作用

リレンザの副作用で眠気は起こらない

インフルエンザの症状が出た場合、医療機関からリレンザが処方されることがあります。リレンザは体内のウイルスの増殖を抑える薬です。タミフルに比べて短期間で症状を抑えるため、多く利用されています。ただし、副作用もあるため、医師の指示のもと適切に服用することが重要です。

リレンザの主な副作用は頭痛、手足のしびれ、不眠症が挙げられます。リレンザの服用で眠気が起こることはありません。鼻水を止める抗アレルギー薬などを併用していると眠気を伴う場合があります。

インフルエンザにかかると身体が疲労するため、普段より眠くなることがあります。ゆっくりと身体を休めて、体の回復を待ちましょう。

だるさは体が休みたがっている証拠

リレンザの主な副作用は頭痛や手足のしびれ、不眠症などです。リレンザが原因でだるさの症状が出ることは報告されていません。インフルエンザにかかったときにだるさを感じるのは、症状のせいで身体が疲労しているためです。疲労回復のために身体が休もうとしているので、だるさを感じるのです。

インフルエンザの治療中にだるさを感じたら無理をせず、暖かくして睡眠をとり、身体を休めましょう。リレンザを服用している間は、身体を休めることと、周囲の人にウイルスを感染させないようにすることが重要です。リレンザは約5日間の服用期間が定められているので、飲み忘れることなく、毎日しっかり服用しましょう。