リレンザはインフルエンザ予防に効果を発揮する

リレンザはウイルスの増殖を抑える薬

リレンザを予防投与することで、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることができます。

インフルエンザウイルスA型、B型の表面は、ノイラミニダーゼという酵素で構成されています。ノイラミニダーゼの働きによってウイルスは増殖します。リレンザは、ノイラミニダーゼの働きを抑制することで、ウイルスの増殖を防ぐのです。

リレンザは服用している間だけ効果が続きます。服用期間は最大で10日間です。一方、リレンザを予防目的で使うには条件があります。家族がインフルエンザウイルスに感染しており、自身が感染すると重症になる可能性がある場合にのみ使用できます。

効果は服用してから2時間であらわれる

リレンザは他のインフルエンザ治療薬と比べて、効果が早くでるのが特徴です。粉末タイプの吸入薬なので、血液中に溶け込み、全身に行き届きやすいのです。

とはいえ、飲んでから5分や10分で効果を実感できるというわけではありません。リレンザの効果があらわれるには、個人差はあるものの、服用からおよそ2時間かかります。一方、他のインフルエンザ治療薬が効果を発揮するのは、服用からおよそ4時間程度とされています。

リレンザを予防目的で使う場合は、効果があらわれる時間も意識して服用すると良いでしょう。また、一定のタイミングで服用し、効果が途切れないようにすることも大切です。